小浜島日記 by つちだきくお

2022年1月16日
第1054回
秋から冬の海
 



太陽の高さが低い秋から冬にかけて晴れた午前中は
黒島と新城島が見える通称「第二シュガーロード」の丘の上から
キラッキラに無数の光の粒が海全体で舞っているのに出会える
目に眩しいが そんなに強くなく凝視できるレベルの光の粒たち
浮かぶ船も光に囲まれて守られてるように見える
空ではサシバがキッキーって鳴いている。
冬支度しなきゃって少し思いもするがまだまだ夏の余韻が
忘れられない一歩踏み込んで受け入れられない時期なのです


                      



BACK NUMBER
#1053 2022.01.09 陰干し
#1052 2022.01.01 島人の祈り
#1051 2021.12.26 冬の海
#1050 2021.12.19 小浜島ばぁちゃん合唱団 パート5
#1049 2021.12.12 野音会場
#1048 2021.12.05 スマホのモコモコ
#001~#1047 公開終了