小浜島日記 by つちだきくお
2020年5月3日
第965回
字が上手(笑)





畳表の問屋を祖父の時代からやってたので
父も出来上がったムシロに筆で鑑定文字みたいな
物を書いていた。読めなかったけど 。晩年は
しょっちゅうテーブルに筆置いては何やかにや
書いてたねぇ。母からは 誰も読めん字書いて
しょうもないって言われながら(笑)。でも
お世辞ではあろうが男衆からは達筆と言われてて
神社に奉納する文字などは父がよく書いてたなぁ
同じ血なのか ツッチーも字を書くのが結構
好きなようでカラー筆ペンまで買ってチョコチョコと
暇な時は書いてます。ただここ数年はそんな余裕もなく
みんさんよりよっぽど自由な時間があるのに、セコセコ
生きてた事をこの自粛で気づかされました。で久々に
何か書いてみようとなって、自分の詩を思うままに
閃きで短くしたものを書いてみた。上手?(笑)
書き順から怪しいやつなんで適当ですが、習字の勧め
みたいなお話でした。自粛でできる事アレコレまで