小浜島日記 by つちだきくお
2019年8月4日
第927回
名もなき北国の花

半年は雪に閉ざされる北海道。
短い夏を精一杯生きる名もなき花。
灯油タンクの下の砂利の隙間から伸び出して花を咲かせてる。
誰も気づきそうもない場所で、ひっそりとね。
今年の北海道の夏は 異常な暑さが襲い扇風機さえも
売り切れで買えない、クーラーなんて元々ないって
言う環境で 皆さん苦労してるようです。
でも、もう暫くすればきっとあの暑さは何だった?
みたいに急激に気候が変わる気がします。激しい気候の中、
この花も何にも言わずにただ今を生きてて
冬が来ればまた雪の下でジーーっと耐えて
春夢見て過ごすんだよねぇ。チバリヨー



 


BACK NUMBER
(画像のサイズを小さくしてあるものがあります)